menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

亀の臭い対策!臭いの原因と消し方・日常のケア方法

亀を飼い始めて気がつくこと「亀って意外と臭い!?」

でも大丈夫!

亀の臭いの原因や対策方法を知れば、臭いを消すことは難しくありません。

ここでは、亀の臭いの原因や消し方などの臭い対策についてご紹介します。

ペットの亀の臭いの原因ごとの対処方法

亀の臭いの原因ごとの対処法(消し方・対策・解消方法)について紹介していきます。

愛らしい亀を快適に飼うために、原因と対処法を知って「亀のいる暮らし」を楽しみましょう。

▼カメの臭い対策「カンファペット」の詳細はこちら▼
petnyuryoku

原因1:水槽の水が臭い

亀の飼育水はキツイ悪臭を放つことがあります。

一般の人が「亀が臭い」と感じるのは、亀自体よりも水槽の水に原因があることが多いのです。

飼育水はナゼ臭くなるの?

水槽の水は亀のエサの食べ残しや糞尿によって汚れて臭くなります。

水が溜まったままで藻が発生したり、亀自身が持っている菌が繁殖するのも臭いの原因です。

流れていない水はそのままでも劣化するものですが、エサや糞尿、藻、菌が加われば劣化のスピードが速まるのでケアを怠るとあっという間に臭くなってしまうわけです。

水槽の臭いを予防・解消する方法

亀の水槽の水は定期的に交換してください。

亀の種類や数にもよりますが、できれば毎日、少なくとも3日に1回程度換えるといいでしょう。

水槽の掃除は週1回程度行います。

水槽のガラス面や床、亀用グッズもキレイに洗うと臭い予防や解消に効果的です。

亀の水槽に入れる水は水道水で構いませんが、汲み置きを使うと亀のストレスが軽減できます。

水槽の水をキレイにするには?

飼育水の交換や水槽の掃除を簡単にするには、「水槽内に水の流れを作る」「ろ過フィルターを使う」「水槽にカメ用の底砂を入れる」「水質調整剤を使う」「バイオ剤を入れる」などの方法があります。

いずれもペットショップや通販で購入可能で、お世話の手間が省ける便利なアイテムなので試してみてください。

原因2:亀の糞尿が臭い

亀の健康状態が良好な場合、糞(うんち)は硬くて濃い緑色をしています。

この状態の糞には特別嫌な臭いはないものの、ちょっと青臭いので気になる人もいるかもしれません。

亀の尿のほうはほぼ無臭です。

亀の糞は放置すると臭くなる

あまり臭いが気にならないはずの亀の糞ですが、掃除を怠ると強い悪臭が発生する元となります。

特に水槽の飼育水のなかに放置された糞はかなりの悪臭になり、水槽周辺だけでなく室内全体にまで漂うこともあります。

水中や水槽の底に溜まった糞は水の劣化にもつながるので、飼育水が汚れて雑菌も繁殖しやすくなるのです。

亀の糞の臭い対策は?

糞の臭いを防ぐ、除去するために最も有効なのが掃除です。

ペット用の消臭剤や除菌剤を使用しても、悪臭の元となる糞が放置されていたのでは効果が出ません。

糞の掃除さえキチンとしていれば、嫌な臭いを防ぐ効果があるので一挙両得です。

水槽の水は1日1回取り換え、その際に糞の始末も合わせて行ってください。

▼毎日のお世話を軽減「カンファペット」の詳細はこちら▼
petnyuryoku

臭い対策でエサを変えてみる

亀に与えるエサの種類を変えると、糞の臭いを抑えることができます。

亀専用のペットフードなら問題は少ないのですが、生魚や生肉を与えすぎると糞の悪臭の原因になることがあります。

煮干しや野菜は亀の健康に良い影響を与える食べ物ではあるものの、食べ残しが水槽に残らないよう注意してください。

春夏秋冬による臭いの違いや対処法

春と秋の時期

気候が温暖な春と秋は、比較的亀の臭いが気にならない季節です。

春は発情・産卵期ですが、特別嫌な臭いが気になるということはありません。

秋も特に臭いが目立つということはないので、水槽の水換えや掃除を定期的に行えばケアできます。

夏から残暑の時期

夏は亀の水槽の水が傷みやすい季節なので注意が必要です。

糞尿やエサの食べ残しを放置していると、亀の飼育水に雑菌が繁殖して悪臭の原因となります。

風通しが悪く室温が高い部屋で亀を飼っているようなら、エアコンや空気清浄器で臭い対策をしましょう。

冬から早春の時期

気温が下がって寒い冬は、水槽の水の傷みも少なくケアがしやすい時期です。

室温が低いからといって水の交換や掃除を怠ると、水槽内にサルモネラ菌が繁殖することがあるので注意してください。

暖房を使っていて室温が高い部屋で飼育している場合は、春や秋と同様に水槽の水換えと掃除を徹底しましょう。

ペットの亀の日常的にできる臭いケア

部屋が臭くなったら?

亀の臭いで部屋が臭い場合、一時的に消臭する便利な方法があります。

それがマッチを擦って火を点けるという方法です。

マッチをすると燐の反応により硫酸と水素に分解します。

この反応によって室内の嫌な臭いを消すことができます(マッチを擦ったとき黒っぽい煙が出るようなら室内の空気が汚れている証拠です)。

同じ火を点けるのでもライターでは効果がないので、臭い消しにはマッチを用意してください。

拭き掃除に使うものは?

亀の水槽を掃除しても、いちど室内の壁や床に付着した臭いは取れません。

室内の臭いを消すには消毒用エタノール(エチルアルコール)を使うと便利です。

臭いが気になる部分に直接スプレーしたり、布にスプレーして壁や床を拭くこともできます。

エタノールには消毒作用だけで殺菌作用もあり、亀の飼育水に発生しやすいサルモネラ菌の対策にもなります。

といっても亀に直接スプレーする、飼育水に直接入れるなどは避けてください。

水槽のなかでエサを与えない

ペットの亀が臭くなるのは「糞尿」と「エサの食べ残し」が主な原因です。

この2つが飼育水槽の水を劣化させ嫌な臭いの元となっています。

亀は犬や猫のようにトイレのしつけをすることはできないのですが、エサを与える場所を工夫するだけでも臭いケアになります。

エサを与えるときは水槽から亀を出し、水から離れた場所であげるようにしてみましょう。

これだけでもエサの食べ残しによる悪臭を防ぐ効果があります。

ペットの亀の臭い対策の注意点は?

水槽は小さなものからスタート

どうせ亀は成長するからといって、最初から大きな水槽を使うと掃除が大変です。

初めは亀のサイズに合った小さな水槽を用意し、成長段階にしたがって水槽を大きくしていくと掃除がしやすくなります。

水槽によって水が換えやすい・換えにくい、掃除がしやすい・しにくいといった違いもあるので、慣れないうちはケアしやすいものを選んでください。

水替えや掃除を行ったあとは、雑菌対策として必ず石鹸やハンドソープで手を洗いましょう。

グッズを欲張らない

ペットショップに行くと、亀用のさまざまなグッズが販売されています。

甲羅干し用の浮き島やミニサイズの飾り物など、どれも欲しくなるものばかりですね。

水槽のなかを充実させて楽しみたいという気持ちは分かりますが、臭いケアの手間を省くためにも余分なものは極力控えましょう。

臭い対策のグッズは積極的に

楽しい亀用グッズは控えめにすると同時に、臭い対策に役立つグッズは積極的に採り入れてください。

水質を良くするためのろ過装置は手に入れておきたいもののひとつです。

市販の水質調整剤なども上手に使って、賢く便利に臭いケアを行うようにしましょう。

▼毎日のお世話を軽減「カンファペット」の詳細はこちら▼
petnyuryoku

カメの臭い対策でお部屋が生臭い時にやる事!

カメを飼っているけど、臭いで困っている時ってこんな感じ。

・自分は気にならないけど、家族に臭いと言われた・・・
・家の中が生臭いのでどうにかしたい・・・
・友達が来たときに、部屋が動物臭くないか心配・・・
・部屋には消臭剤を使っているけど、どうも効いていない気がする・・・
・とにかく部屋の中のニオイをどうにかしたい!

▼ペット消臭剤・除菌剤「カンファペット」の詳細はこちら▼
petnyuryoku

カメの臭いで困る事

カメを飼っていて困る事の一つが臭いです。

飼い主自身は慣れて大丈夫な場合もありますが、家族や友人に臭うと言われた人は少なくないはずです。

水槽や飼育水が臭いのであれば、水槽を掃除し水を替えれば臭いは収まります。

もし、臭いが部屋全体に広がっている場合には、別に考えなければいけません。

そこで最初に試すのが市販の芳香剤や消臭剤などになりますが、これは一時的なものや臭いを上書きさせる為のものだったりします。

芳香剤を部屋においてみたり、スーパーや薬局で売られている消臭剤を使ってはいるけど、中々臭いが取れないという方も少なくありません。

しばらく臭わなくなっても時間が経つにつれて、また臭ってくるというのが一般的です。

また、人間には良い香りの物でもカメにとってはクサイ臭いになる可能性もあります。

ペットにとってクサイ臭いが続くとストレスにもなり、健康面にも影響が出ないとは言い切れません。

ペットには危険な市販の消臭剤

テレビCM等でよく見かける市販の消臭剤ですが、確かに臭いを消して部屋を良い香りにしてくれます。

ですが、実はあまり知られていない危険性もあるのです。

ペットが口にしたり舐めてしまうと病気をしたり、寿命を縮めたりする危険性があります。
また、最悪の場合死んでしまう原因を作ってしまうこともあるようです。

ネット検索で調べてみると、赤ちゃんや妊婦が使う物には使わない方が良いという話もあります。

ですので、ペットの臭いを消す方法として市販で売っているような消臭剤は使わないのが良いでしょう。

カメ臭を消すために必要な事

そんな臭いの悩みに対処するには、クサイ臭いを根本的に取るという事を意識しなければなりません。

つまり、家の中や部屋の中に付着した臭いの元を取らなければ、いずれまた臭くなるという事なのです。

いくら空気中の臭いを一時的に取ったとしても、カーペットやカーテン、床の隙間や家具に染みついた臭いの元を取らなければ、根本的な解決方法とはなりません。

大事な事は、発生した臭いを無くすだけではなく、臭いの元を退治し分解する!という事が重要なのです。

臭いの元を退治する方法

臭いの元がカメ自身であれば、体をキレイにしてあげるだけでもかなりの効果があります。

水槽が汚れているのであれば、水槽を掃除し、水が汚れているのであれば水替えをしましょう。

また、直ぐに飼育水が汚れてしまうという場合には、濾過装置の能力が追い付いていない可能性もあります。

もしくは、エサの与えすぎで水を汚してしまっているのが原因なのかもしれません。

水槽の周辺が臭う場合には、今一度飼育環境を見直してみると良いでしょう。

そして、臭いが部屋全体についているのであれば部屋の掃除をする事!が一番の方法となります。

床や壁を水拭きした後乾いた布きんで拭くとかなり臭いが取れます。それでも臭う場合には、重曹を混ぜた水で拭くとさらに効果がアップします。

これを毎日繰り返せばかなり臭わなくなります。

ですが、毎日繰り返すのなんて大変で現実的ではありません。

カーペットやカーテン、クッション等であれば、天気の良い日に洗濯し干すだけでも違いますが、毎日出来るかと言われれば難しいでしょう。

そんな、仕事が忙しい方や手間をできるだけ少なくしたいという方にはペット専用の消臭剤がおすすめです。

面倒くさくない!すぐ出来る消臭方法

ペットの臭い対策に良く、危険性もない安全な消臭剤には「カンファペット」というものがあります。

「カンファペット」は臭いの発生源を元から瞬間的に消臭する!というのが一番の特徴です。アンモニアなどの臭いの発生源を分解・変質させて、水に戻し無害化することで元から消臭します。

人間用の大手食品工場などで使用されていた業務用の消臭除菌技術を改良して、さらにペットへの安全性を確保することで作られた製品です。

安全面に厳しい食品業界で使用されていることからも安心して使えます。

▼ペット消臭剤・除菌剤「カンファペット」の詳細はこちら▼
petnyuryoku

カンファペットが良い3つの理由

1、ペットに危険がなく安心

成分がペットに危害を及ぼさないよう研究され開発されている事で、どんな場所にでも使うことができます。
水槽の周りにも安心して使えますし、エサ入れなどに吹きかけても問題ありません。また、空気中の臭い消しにも問題ないので部屋中に使うことができます。

2、消臭と除菌の効果がすぐに出る

消臭はもちろん、吹きかけた瞬間に除菌消毒をするので、そこから匂いが再び発生することがありません。
急な来客で、臭いが気になるときはさっと部屋に使うだけでも効果があります。

3、多くの企業や人に使われている

大手の企業や食品メーカーの衛生管理にも使われています。病院やレストランなどでも使われているので、それだけ信頼と実績のある消臭剤という事になります。

WEBから申し込むお試しセットがお得!

通常カンファペットはボトル一本1,520円で売られています。
そして詰め替え300mlが1,320円 で販売されています。

それをWEBサイトから申し込むことでボトルと詰め替えのセットが 1,520円で試せるというわけです。
通常の価格から46.5%OFFとなります。

しかも、【30日間100%返金保証付き】です。
これは、一ヶ月使ってみて効果がなかったという事であれば返金してくれるという事です。

調べたところによりますと、「商品の返品」は必要がなく、使った後でも返金できるというものです。
それだけ、カンファペットは効果に自信があるという事です。

また、公式サイト確認してもらえれば分かりますが、現在「入荷待ち状態」で注文した日の発送が難しいという事です。
数日後に発送できるのですが、場合によってはもっと遅くなることもあるようです。
注文が遅くなればなるほど手元に届くのが遅くなる可能性もあります。どうせ使うのであれば早めにお試しセットを使ってみた方が良いでしょう。

今後、お試しセットがなくなる可能性もあるので、気になった方は初回お試しセットだけでも試してみてはいかがでしょうか?

▼ペット消臭剤・除菌剤「カンファペット」の詳細はこちら▼
petnyuryoku


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top