menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

ピーターズメダマガメの飼育

爬虫類の中でも長生きをするといわれているカメの仲間ですが、このカメが最近ペットとして飼育されている方が増えてきております。

多くのカメは最近では生息地での減少が続いており中々、成体の入手は難しくなってきているようです。

今回はカメの仲間で水棲ガメであるピーターズメダマガメの飼育について記載させていただきます。

ピーターズメダマガメはインド、バングラディッシュに生息しており、大きさはオス、メスともに20cmほど成長する中型種の水棲ガメになります。

このピーターズメダマガメの特徴は幼体の時は背甲がとても高くてメダマ模様が甲羅一面に目立ちます。

成長と共に甲羅は丸みが出てきていきます。

生息場所は流れが緩やかな河川で生活をしておりますが、泳ぎはあまり得意ではないようで水底を歩くように移動して暮らしております。

ピーターズメダマガメは植物食であり草食性が中心ですが、時々ミミズなどの無脊椎動物を与えてあげると良く食べてくれますので食性は草食系中心の雑食性になります。

ピーターズメダマガメは飼育下では中々成体にまで成長させれることが難しいようでお目にかかることが少ないようです。

爬虫類ショップへの入荷も成体の入荷は皆無に等しく、幼体の入荷が中心となっております。

また、幼体の入荷数も多くはないので希少種になりますが、幼体の飼育は他の水棲ガメに比べると長期飼育の例がとても少ないため飼育難易度はとても高い種類といわれております。

ピーターズメダマガメは成長スピードも遅いため幼体からの飼育になりますと、水温を高めで28℃に保ち水草や果実、野菜などの草食傾向が強い餌を与えます。

飼育水は勿論ですが清潔に保たなければいけません。

ピーターズメダマガメは水棲ガメの中では甲羅の高さが高く成体は丸めでとても特徴がある水棲ガメです。

ペットショップや専門店でも生体は見欠けることがありませんので是非飼育にチャレンジをして成体まで育て上げてみましょう。

基本的には幼体はとても神経質で弱いですが、ピーターズメダマガメの成体は丈夫で飼育はし易いといわれております。

飼育難易度の高い幼体時の水温、水質管理を徹底してピーターズメダマガメの食性にあった植物質の餌を用意して食べさせてあげることが長期飼育に繋がると思いますが、カルシウムパウダーなどをふりかけてあげると栄養バランスも行き届きますので長期飼育のポイントになるようです。

飼育難易度は難しいですが是非挑戦してみてください。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top