menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

オオアタマヒメニオイガメの飼育

爬虫類の中で最も長生きをするカメですがこのカメの中にはリクガメと水棲ガメとに大きく分けられます。

リクガメも水棲ガメもそれぞれ飼育をしていてとても面白く可愛いですが今回は水棲ガメの中でも小型種であるオオアタマヒメニオイガメの飼育について記載させていただきます。

このオオアタマヒメニオイガメはドロガメ科ニオイガメ属でありアメリカ合衆国のフロリダ半島中部以北およびジョージア州に生息が確認されております。

オオアタマヒメニオイガメは名前の通り頭がとても大きくて小型種でも頭が大きいので充分な貫禄があり、ペットとしてとても人気があります。

オオアタマヒメニオイガメの特徴は何と言っても大きな頭ですが、ヒメニオイガメという名前の通り頭以外は小さくて小型のカメになります。

生息場所は流れが緩やかな河川や水路、池沼、湿地の水底が泥や落ち葉の堆積物が多い場所に生息しており繁殖期になるとオスはとても攻撃的になり性格が荒くなります。

また、オオアタマヒメニオイガメの成体の平均的な大きさは13cm程度です。

このオオアタマヒメニオイガメは食性が雑食性で水草などの植物性も良く食べて、水底などでは貝類を好んで良く食べております。

飼育下では乾燥エビなどを与えてあげると良いでしょう。

水深は基本的には浅瀬を好むカメのため飼育環境では甲羅が隠れる程度の水量で充分飼育が可能です。

繁殖期以外は複数飼育も可能ですがニオイガメの種類は基本的には性格が荒い物が多いので単独飼育が好ましいです。

オオアタマヒメニオイガメは流通量は多い方ですので入手がし易いため人気もあるカメであります。

ニオイガメは敵を察知したり威嚇するときにとてもクサイニオイを出すことが稀にありますが、飼育下ではよっぽどのことが無い限りありません。

オオアタマヒメニオイガメはオスメスの相性が合えば繁殖も狙えますが、なかなか相性が良いペアをつくることが難しいため繁殖難易度は高いと言われております。

しかし、一度ペアーを作ってしまえば繁殖は簡単ですのでブリード個体を作り出すことは夢でもありません。

飼育環境ですが、オオアタマヒメニオイガメは無加温で屋外飼育もできるようですが、最近の気候は異常な現象が起きやすいため屋内できちんと環境を管理したうえで飼育をされた方が長期飼育ができると思います。

基本的には長生きする種類のカメですので上手く育て上げれると何十年も共に生活できて飼育を楽しめますので是非オオアタマヒメニオイガメの飼育に挑戦してみてください。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top