menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

日本に生息しているカメ

最近では爬虫類をペットとして飼育されている方がとても多くいらっしゃいます。

また、爬虫類の中でもカメが人気があるようです。

カメは飼育がしやすいペットであり、水棲ガメであれば屋外飼育が可能な種類も沢山いるため人気が高いようです。

しかし、最近日本に入ってくるカメの種類はとても多くなってきており、どれがどこの国のカメかわからないほど種類が豊富です。

この多くのカメの中では日本のカメも入っておりますが、今では日本のカメがなんと言うカメが生息しているのかが自然体系でもわかりにくくなってきております。

もともと日本に生息しているカメで代表的なカメから順にあげるとニホンイシガメ、クサガメ、ニホンスッポン、ミナミイシガメ、ヤエヤマイシガメ、セマルハコガメ程度が日本に生息しているカメとなっております。

しかし、最近ではこの日本本来のカメの姿が池や河川では見られなくなってきております。

日本のカメよりも最近多いのはアカミミガメが異常発生してきております。

また、ハナガメやとげスッポンも日本の環境に適応してきており外来種として日本の河川や池などで多く見られるようになってきました。

昔ではアカミミガメが池や沼に生息しているなんて考えられません。

アカミミガメは幼体がミドリガメとして夜店などで売られていたこともあり、現代のような異常発生から考えると昔の姿を知っている日本人はその繁殖力には驚いている方が多いようです。

今ではアカミミガメが異常に目立っておりますが、トゲスッポンや最近では危険動物のカミツキガメも日本各地で生息数が増えてきております。

このように外国からきたカメが増えてくると子供たちは日本のカメであると勘違いしてしまう方が今後多く出てくると思われます。

今の状態では日本のカメが野生で増えていくことはとても難しい環境ですので外来種を駆除していく方法しかないようです。

カメの駆除には心を痛めるものがあります。

昔からペットとして日本へ入荷されてきたカメたちが今では駆除対象になっているものがいることで人間の勝手さといい加減さが自然界でも出てきております。

今はペットとして色々なカメたちが飼育者のてによって飼育されていますが、飼育されている方は絶対に途中で飼育放棄をすることがないように肝に銘じておいてください。

今後も外来種は増えていく傾向がありますので近年中に何らかの対策がされるかもしれません。

カメの飼育は簡単に見えて結構複雑なこともありますので安易な考えでの飼育はしないようにしましょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top