menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

日本のカメ

爬虫類の中では世界各国の生体が輸入されてきており、ペットショップでも販売されております。

特に最近多いのは蛇や亀が多く出回っております。

ペットショプで売られているカメの多くは外国種がメインで販売されており、国産のカメはゼニガメとして春先に販売されていることがあります。

日本には昔から生息しているニホンイシガメとクサガメが多くいます。

しかし、最近ではミシシッピアカミミガメが多く日本各地に異常発生しており、ニホンイシガメとクサガメの野生個体を見かけることが少なくなってきました。

ニホンイシガメは元々臆病な性格であり、神経質な性格のカメです。

また、綺麗な水にしか住まないこともあり、最近の日本の河川では生息できる環境があまりないのが現状です。

また、生息している場所でもペットとして人気がある生息ガメですので業者が乱獲していたり、ミシシッピアカミミガメのような外来種にやられたりしており激減しております。

一部地域ではニホンイシガメの生態系を維持するためにミシシッピアカミミガメなどの外来種を駆除しているところもあります。

ニホンイシガメと共に日本にはクサガメが生息しております。

クサガメはイシガメ同様に日本に生息しているカメであり、クサガメも生息数が激減しております。

ニホンイシガメよりクサガメの方が神経質な面もなくどちらかというと荒い性格をしております。

しかし、外来種のミドリガメには勝てずにクサガメも生息数を減らしてきております。

ニホンイシガメとクサガメは相性がいいものもおります。

クサガメがメスでイシガメがオスのハイブリットはウンキュウイシガメタイプとなることが多くあり、クサガメがオスでイシガメがメスの場合はウンキュウクサガメタイプとなることが多くあるようです。

このウンキュウという種類はニホンイシガメとクサガメのハイブリッドタイプであり
非常に珍しいタイプのカメと言われております。

ニホンイシガメとクサガメは大きさも違うためなかなか繁殖が難しく、ウンキュウが産まれる確率は極めて低いのでペットショップや爬虫類専門店で売られていても高価なお値段で販売されております。

また、日本に生息しているカメでセマルハコガメというカメが沖縄などに生息しておりますが、生息数が激減しているので今では天然記念物とされており飼育が禁止となっております。

今のまま外来種の増加が進むとニホンイシガメやクサガメも生息数が激減していき天然記念物に指定される日も遠くはないでしょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top