menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

CATEGORYクサガメ基礎知識

クサガメの生態系

行動は単独 クサガメは繁殖期以外は基本的に単独で行動していることが多いです。繁殖期になるとオスがメスを追いかける姿が見られますが、行動は基本的に単独ですることが多いカメです。 雑種が増えています クサガメは他のカメとの掛け合わせ固体が野生で…

カントンクサガメ

クサガメの仲間 クサガメといっても種類が何種類かいますがこのカントンクサガメとは主に中国に生息しているカメであり、中国の広東州が生息地で有名です。カントンクサガメはクサガメと違い甲羅の腹部がオレンジがかっていおります。このオレンジ色が珍しく…

クサガメの赤ちゃん

ゼニガメとは 昔はゼニガメと言えばイシガメの赤ちゃんでしたが現代ではゼニガメと言えばクサガメの赤ちゃんを指します。クサガメの赤ちゃんをゼニガメと言われるようになった理由はペットショップでの入荷が困難になってきたからです。昔からミドリガメとゼ…

ウンキュウクサガメタイプ

珍しがられるカメ ニホンイシガメとクサガメは日本を代表するかめであり日本のアチコチの河川に昔は生息しておりました。ニホンイシガメより、クサガメのほうが性格が荒い物が多く協調性にも欠けるところがある個体が多いため、中々イシガメとクサガメが相性…

「クサガメの排泄物チェック」

矛盾する健康管理 クサガメを飼育していく上で健康チェックが重要です。この健康チェックには外観チェックに体重管理としなければいけませんが、もう一つ重要な確認があります。それはクサガメの排泄物チェックです。カメの仲間には自然下では滅多に見られま…

「クサガメの繁殖」

オスとメス クサガメのオスとメスの見分け方はイシガメ同様で成体の場合は簡単です。メスが大きくてオスが小さいです。また、尾の裏でも確認ができます。オスとメスでは尾の裏が少し違いますので見比べるとお分かりいただけるかと思います。 オスの場合はク…

「クサガメの飼育環境で注意すること」

冷暖房 クサガメの飼育環境で最も良いと言われる気温は23℃から25℃の水温で外気は25℃から28℃ぐらいが最もクサガメが暮らしやすい環境といわれております。クサガメの多くは河川や池に生息しており、野生化では暑くなれば涼しいところへ移動寒くな…

「クサガメを飼育する際にかかる経費」

クサガメの飼育 クサガメの飼育では自然下と違い冬眠させずに飼育します。冬眠をさせる場合は庭に池が無い限りとても難しいです。そのため、クサガメを飼育するためには最低限の飼育機材を用意する必要があります。水槽、濾過器、底に敷く砂利、濾材、保温球…

クサガメを絶滅から守りましょう

生息数が年々減少しています 日本にはイシガメとクサガメが各河川や池に生息していますがイシガメはほぼ絶滅危機になっており見かけることが稀になってきています。クサガメはイシガメほどではありませんが年々生息数が減ってきております。クサガメとイシガ…

「年齢ごとの飼育管理」

幼体時期 クサガメは幼体期には一番管理が重要な時期です。クサガメは幼体期だけデリケートであり成長に伴って丈夫になっていきます。幼体期にはまだ甲羅も柔らかいため触るときには優しく触らなければいけません。また、甲羅が柔らかい時期でもあるため砂利…

Top