menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

「クサガメを飼育する際にかかる経費」

クサガメの飼育

クサガメの飼育では自然下と違い冬眠させずに飼育します。

冬眠をさせる場合は庭に池が無い限りとても難しいです。

そのため、クサガメを飼育するためには最低限の飼育機材を用意する必要があります。

水槽、濾過器、底に敷く砂利、濾材、保温球、水中ヒーター、紫外線ライトが最低限必要になります。

その他ではアクセサリなどを入れて、甲羅干しの時に使う陸場などを作ってあげます。

この機材をそろえるための平均的な金額は水槽と濾過、濾材、ヒーターのセットで60cm用であれば8000円程度であります。

最近は安いメーカーではこのお値段で照明が付くこともありますが、クサガメにはセットの照明では利用できませんので紫外線ライトを別途購入する必要があります。

水槽セットに付いている照明は熱帯魚などの観賞魚を飼育するためのものであり紫外線などは出ていなく観賞向けのライトになります。

紫外線ライトが少し高いです。

平均的なお値段で電球付きで1万円から3万円と幅広く設定されております。

これ以外んいアクセサリや砂利などで3000円程度と考えるとクサガメの飼育機材をそろえるだけでも2万円から4万円程度かかることとなります。

クサガメだけではありませんが生き物を飼育する際には最初はお金がとてもかかります。

この機材を用意できない方は飼育資格がないと思ってください。

クサガメの飼育では室内で水だけ入れてタライやプラケース内で飼育されている方が多いでしょうが、クサガメにとっては迷惑な話です。

飼育水が一日で腐ったりして皮膚病の原因を作ってしまい、飼いきれなくなって飼育放棄というパターンがとても多くなってきております。

飼育をするからには最初に必ず最低限の飼育機材の購入をするようにしましょう。

クサガメの餌代

クサガメの餌は他のペットに比べるととても安くつきます。

生き餌ばかり与えるのであれば膨大な金額になりますが今では便利な人工飼料がたくさん販売されております。

人工飼料の多くは300円から500円程度で販売されておりますので3種類ほど購入してランダムに与えるようにしてあげてください。

1種類でも食べてくれますが、ペットとして飼育するのであれば毎日の食事に変化を与えてあげる方がクサガメにとっても良いことです。

人間も毎日同じメニューであれば飽きますよね?
クサガメも同じで毎日同じ餌ばかり与えていると拒食する場合が稀にありますので注意してあげてください。

クサガメの場合は餌代は1か月1000円も見ておくと充分でしょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top