menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

甲羅干し

クサガメは甲羅干しをとても好むカメであり、日中の天気が良い日には陸場に上がって甲羅干しをしている光景を良く見かけます。

野生のクサガメは人間が近づくとカメとは思えない速さで瞬時に水中に潜っていきます。

この甲羅干しですが、クサガメにとってはとても大切な役割がございます。

甲羅には菌が付きやすく黴菌だらけです。

カメにとって甲羅干しは除菌効果があります。

また、クサガメは脱皮をしますので脱皮が綺麗にできるようにする役目も甲羅干しに関係してきます。

甲羅干しで紫外線を多く取り入れることで綺麗な甲羅を保てることができるのです。

飼育下では太陽の光の代わりに紫外線ライトで代用して甲羅干しをすることになりますが、飼育下でも時々は甲羅干しを自然の太陽の下で行うことでより綺麗な甲羅に仕上がるでしょう。

薬浴

クサガメはイシガメと違い病気には強いほうですが、水替えの怠りなどで病気になることがあります。

多くの場合は皮膚病が多いですので病気にかかった場合は即日薬浴させることが必要となります。

薬浴は基本的にはエルバージュやゴールドFを使いますが、魚と違いクサガメに使用するときは少し薄めて使用します。

薄める倍率は病気の症状によって違いますが、熱帯魚で利用する場合の時の3倍に薄めて使用することをお勧めします。

病気が進んでいる場合でもストレートでは使用しないようにしてください。

クサガメには強すぎますので濃くても1.5倍までで行うようにしましょう。

また、皮膚病の場合は菌が早く回ってしまいますので水温は低めの状態で20℃から23℃程度を目安で行うようにしましょう。

脱皮後のお手入れ

クサガメは甲羅が脱皮をします。

この脱皮を繰り返すことで甲羅が大きく成長していきます。

脱皮をするためには甲羅干しを行い、甲羅が健康な状態でないと綺麗な脱皮が行われずに汚い甲羅になったり、脱皮が失敗して成長が止まってしまうこともあります。

また、クサガメの場合は脱皮後も甲羅が硬いためザリガニや甲殻類などの柔らかい甲羅にはなることが無いので脱皮後も特に注意はありません。

脱皮後のお手入れといえば甲羅磨きを頻繁に行うようにしていきましょう。

特に手入れもしなくても成長には影響がありませんが、脱皮後のクサガメの甲羅はとても綺麗な状態ですのでこの綺麗な状態を維持させるためには脱皮後から綺麗に甲羅を磨くといいでしょう。

クサガメの場合は脱皮は甲羅の模様ごとに皮がむけてきますので水中が甲羅の皮で汚くなります。

脱皮後は必ず飼育水槽のお掃除と水替えを行うようにしましょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top