menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

「クサガメに与えてはいけない食べ物」

灰汁が強い食べ物

クサガメは肉食傾向が強いカメですが、飼育しているうちに慣れてくると与えるものは何でも食べてくれるようになります。

何でも食べてくれるようになると餌に困らずに助かりますが、クサガメにとって毒となる場合もある食べ物があります。

その食べ物はホウレン草や白菜などの灰汁が強い野菜です。

クサガメは元々は雑食性ですので植物もよく食べることが生息地によりですがあります。

ホウレン草や白菜はとても灰汁が強いためクサガメだけではなくその他の動物たちにも与えてはいけない食べ物となっております。

ほうれん草と良くにた小松菜は逆で与えても大丈夫です。

ホウレン草と小松菜は葉っぱを良く見ると全く形が違うため分かりますが、ザッと見ただけでは良く間違えやすい食べ物です。

小松菜は灰汁も少なく栄養満点なため爬虫類全般的に多くの生き物からも好まれております。

脂質が多い食べ物

クサガメに与える餌で、良く牛肉の細切れや牛ハツなどを与える方がおられます。

クサガメは何でも良く食べる傾向ですので生肉を与えると喜んで食べるでしょう。

しかし、飼育下であまり、脂質が多いと消化不良をおこしてしまい、便秘になったりして、最終的には病気になっている可能性もあります。

脂質はクサガメにとって適度な量であれば栄養分となり健康維持に繋がりますが脂質が多くなってしまうと色々な病気に繋がってしまいます。

特に脂質が多くなるとクサガメの活動が低下してきたり、動きが鈍くなることもあります。

幼体時の魚類

クサガメが成体になっているときは大丈夫ですが、幼体期にはメダカ以外の魚類を与えると骨がクサガメの喉に引っかかる可能性もあります。

また、甲殻類も同様です。

幼体の時期には出来るだけ生き餌を控えるようにしてください。

生き餌を与えたい場合のお勧めの生き餌はミミズやメダカがお勧めです。

クサガメは幼体時期に肉食性の餌を控えめにして植物性を中心に与えると草食傾向が強くなります。

カメの仲間は元々は草食傾向が強いものが多かったのですが、生態系の変化と共に肉食傾向を好むようになってしまいました。

雑食性で食欲旺盛

クサガメは雑食性で食欲はとても旺盛ですが、クサガメに与える餌は決められたものを固定して与えるように続けたほうがいいでしょう。

クサガメを成体から飼育される方は川や池で採取してきた方が多いでしょう。

野生固体から人工飼料への完全移行は難しいかもしれませんが幼体からの飼育であれば餌の固定は簡単に出来ますのでなるべく経費がかからない安い人工飼料で餌付けをして飼育をしましょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top