menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

大好物の甲殻類

クサガメの食性は雑食性ですが、食性はイシガメと似ておりどちらかというと肉食傾向が強いです。

肉食系でも主に好んで食べるものがザリガニやカニなどの甲殻類を好んで食べるようです。

また、タニシなどの貝類も野生では食べております。

最近は野生固体が減ってきており、なかなか身近には見ることが出来なくなったクサガメですが、ペットとしてはクサガメの幼体がゼニガメとして販売されており人気が高くなっております。

小赤、メダカ

主に肉食性の熱帯魚に与える生き餌で有名な小赤やメダカをクサガメに与えてあげると喜んで食べてくれます。

小赤は成体を中心に与えますがメダカは成体には物足りないので幼体に与えてあげると良いでしょう。

クサガメは野生では魚類や甲殻類を中心に食べており、水草などの植物性にはあまり興味を示さない様です。

クリル

大型熱帯魚や海水魚の餌で栄養満点のクリルですが、クサガメも好んで食べてくれます。

クリルはオキアミやカワエビを冷凍により乾燥させた餌であり、とても栄養価がある食べ物です。

冷凍で乾燥させているので栄養価も高く保管も乾燥剤が入った袋や缶で長期間できます。

クリルは栄養満点でクサガメも喜んで食べてくれますが、費用が高い点が欠点です。

人工飼料

クサガメをはじめ、カメ全体の餌で最も良いのが人工飼料です。

人工飼料は主に植物性のものが多く出回っており、最初はなかなか餌付かないで苦労しますが、クリルや生き餌と一緒に与えながら少しずつ人工飼料に慣らしていくと食べてくれるようになります。

イシガメでは餌付くまで時間がかかる固体もいますが、クサガメは割りと何でも食べてくれるものが多いため餌付かせるのは簡単です。

冷凍赤虫

熱帯魚の餌でよく利用されている冷凍赤虫ですが、この冷凍赤虫もクサガメをはじめ多くの水棲ガメたちが好んで食べてくれます。

冷凍赤虫の場合は主にクサガメの幼体であるゼニガメにはとても餌付きやすく、栄養価も高いため重宝する餌です。

冷凍赤虫の多くはブロックタイプになっているため、餌の量を与えすぎたりする心配もなく便利な餌になっております。

販売価格はショップで少々違いますが、冷凍赤虫の1枚の値段は100円前後でとても安く入手ができます。

餌の与えすぎに注意

クサガメだけではなく水棲ガメ全体にいえることですが、餌を与えれば与えるほどカメたちは食べてしまいます。

餌を与えすぎると消化不良の原因になりますので注意しましょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top