menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

ニホンイシガメが食べる植物

滅多に食べない植物

ニホンイシガメは雑食で水草なども多く食べます。

しかしこのニホンイシガメにも水草で食べない種類のものもあるようです。

1つ目はマツモという水草です。

マツモは根っこが無いため通常は浮いていることが多い植物です。

なぜかニホンイシガメはこのマツモを食べようとはしません。

一緒の水槽に入れておくとマツモは増える力が早いためどんどん急増していきます。

もうひとつはミクロソリウムという水性のシダ性植物です。

増えるスピードは遅いですが丈夫でゆっくりと増えていきます。

この2つの種類はニホンイシガメは食べない水草ですのでテラリウムのデザインでカメと水草を一緒にする飾りつけがニホンイシガメであればできることになります。

好んで食べる植物

ニホンイシガメが時々食べる水草がオランダガラシとアヌビアス系の植物とアマゾンソードです。

オランダガラシはクレソンという名前で百貨店やスーパーの野菜コーナーで売られている菜っ葉です。

このオランダガラシはイシガメが好む匂いと味があるのか、植物の中では食いつきがとてもいい植物です。

アヌビアス系の植物は陸場ではあまり食べませんが水中に入れると良く食べることがあります。

但し根と茎に硝酸カルシウムが含有しているため取り扱いには注意が必要です。

次にアマゾンソードプラントです。

このアマゾンソードは熱帯魚の飼育や水草の飼育をされている方はご存知だと思いますが観賞用に良く水槽に植えていることが多い水草です。

アマゾンソードは熱帯魚屋の水草コーナーで販売しておりますがお値段は高いためカメの餌としてはもったいないです。

アマゾンソードはイシガメが好む水草と頭に入れておくだけにしましょう。

時々食べる植物

ニホンイシガメが時々口にする植物がグリーンミリオフォラムとアマゾンフロッグビットです。

グリーンミリオフォラムは水槽内で根付くと成長が早い水草ですが時々イシガメがかじることがありますので観賞用としてイシガメと一緒に入れることはできませんが増えるスピードも速いため餌用途して植えておくと便利です。

アマゾンフロッグビットですが浮き草ですのでイシガメ水槽に浮かせておくと時々食べます。

しかし、増えるスピードがとても速いため餌として十分に使うことが可能です。

イシガメが食べる植物は基本的には水草中心になってしまいますが、その他にもチンゲンサイや小松菜などの野菜も好んで食べます。

しかし、ニホンイシガメは生息地の環境により、全く植物性の餌を食べないものもいますので植物性の餌は主食とはせずに餌が切れたときのためにと軽い気持ちで水槽内で育てておく程度が良いでしょう。

主食は生き餌や乾燥えびが絶賛です。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top