menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

与えてはいけない食べ物

雑食で何でも食べます

イシガメは雑食性で何でも良く食べます。

飼育していると最初は食欲がないなどありますが、馴れてくるとイシガメから食いついてくるぐらいの勢いで何でも良く食べます。

イシガメの仲間で普段食べているもので多いのがミミズやザリガニ、水草、人工飼料が主流になります。

しかし、何でも食べるからといって何でも与えて良いとは限りません。

骨に注意

イシガメは雑食性ですが肉食傾向が強いものが沢山います。

イシガメは口に入るものは何でも食べますので骨が多い魚などを与えるときは注意が必要です。

多くのイシガメの仲間は魚を食べるときは骨を上手く取り除く感じで食べてしまいますが、稀に魚の骨で小さくて太い骨を口に入れて引っかかってしまうことがあります。

人間みたいにのどを詰まらせることはありませんが、釣り針が引っかかったような感じになることが時々あります。

直接どうこうあるわけではありませんが、骨が引っかかったり刺さったままだと傷口から菌が入り病気になることが多くあります。

野菜は良く調べて与えましょう

イシガメの仲間で野菜を好むイシガメもいます。

野菜を食べるイシガメには与えるときは注意が必要です。

代表的な野菜がほうれん草です。

このほうれん草は絶対に与えてはいけません。

ほうれん草に関してはイシガメだけではありません。

爬虫類や鳥類などの小動物全体に与えることは厳禁です。

人間にはほうれん草は鉄分が豊富で栄養満点ですが、イシガメたちに与えてしまうと毒になります。

ほうれん草は灰汁がとても強くその灰汁が毒となってしまうようです。

ほうれん草以外にも色々と与えてはいけない野菜はありますが、基本的には灰汁が強いものは与えてはいけません。

イシガメの仲間に最適な野菜はチンゲンサイか小松菜がベストです。

生き餌は栄養満点

イシガメの仲間にとってたんぱく質やカルシウムなどの栄養分はバランスよくとらなければなりません。

これらをバランスよくとるには生き餌が一番良いようです。

生き餌で代表的なものが小赤です。

小赤は金魚すくいなどでいる魚です。

この小赤はイシガメにとってとても栄養分が高く食事のバランスも良くなります。

他に生き餌で多いのがザリガニです。

その他はどじょう、カワエビ、ミミズですね。

生き餌はイシガメにとってとても栄養分が高い餌になりますが、毎日生き餌を与えるわけにもいきませんので、人工飼料を主食として時々生き餌を与えてあげましょう。

イシガメには小さいかもしれませんが、メダカも好んで食べてくれます。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top