menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

ザリガニ

イシガメはザリガニをとても好んで良く食べます。

ザリガニはアメリカザリガニの幼体を中心に食べています。

最近はニホンザリガニをはじめ、アメリカザリガニまでが生息数が激減しております。

ザリガニはイシガメにとってカルシウムが豊富で栄養分となって体内に吸収されていきます

どじょう

イシガメの食性で多いのがどじょうです。

どじょうの小さいものから大きなものまで大きさ問わずにイシガメは大好物ですので貴重な餌となっております。

最近は田んぼの農業用水路がコンクリート化されてきているところが多いためどじょうも少なくなってきております。

小赤

小赤(コアカ)は金魚すくいでよく見かける金魚です。

正式にはヒブナの子供です。

小赤は熱帯魚の餌にもよく使われていますが、イシガメもとても好んで良く食べます。

小赤は栄養価がとても高いため、イシガメはパクパク良く食べてくれます。

ザリガニやどじょうより、入手が簡単なため生き餌を与えるときは小赤が便利です。

ジャンボミルワーム

ジャンボミルワームという虫餌ですが、ゴミ虫と言われる虫の幼虫です。

ジャンボミルワームは生態のゴミ虫となるととてもニオイがきついため生態になったゴミ虫を好んで食べるイシガメはいません。

しかし、幼虫の時は栄養価が高いため好んで良く食べてくれます。

ジャンボミルワームは少数で飼育若しくは単独で飼育してストックしていると成虫になってしまうため保管する際は少数ではなく大目の和で保管しましょう。

冷凍赤虫

熱帯魚やカメが好んで食べる餌が冷凍赤虫です。

冷凍赤虫は赤無視といわれるとても短い赤虫を瞬間冷凍している餌です。

冷凍赤虫はブロック上になっていますので1ブロックごと与えることができます。

赤虫は冷凍物もありますが、乾燥しているものも良く使われております。

ミミズ

ミミズは爬虫類専門店では取り扱っているところは滅多に見かけませんが、釣具屋に行くと入手できます。

ミミズは生き餌のためさすがにイシガメも好んで食べてもらうことが可能です。

ミミズにも種類がありますが、どのミミズも好んで食べてくれます。

クリル

クリルとはオキアミのようなアミえびを冷凍乾燥させた乾燥餌です。

イシガメはとても食いつきがいいため餌として与える方もいますが、値段が少し高いためコスト面で断念される方が多くいます。

人工飼料

最後に人工飼料です。

イシガメは基本的に何でも食べますので飽きさせないように色々な餌を食べさせましょう。

しかし、生き餌などは金額も高いため主食は人工飼料で十分です。

人工飼料は肉食傾向が強いものと草食傾向が強いものと色々販売されておりますので色々な餌を試すと良いでしょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top