menu

亀の飼い方~カメ飼育法~

ブランディングガメの飼育

爬虫類が最近ペットショプで販売されているところが増えてきております。

また、飼育者も昔は少なかったですが、現在では男女年齢問わずにとても多くの方たちが爬虫類の飼育をされているようです。

この爬虫類の中で最も長生きすると言われているのがカメの仲間でありカメの仲間ではリクガメがおります。

このリクガメの場合あは飼育スペースが広くいるためあまり飼育者がいませんが、水棲ガメは飼育スペース、飼育機器と共に複雑ではなく単純ですので水棲ガメの飼育をされる方が多くなってきております。

また、カメの場合は爬虫類のなかでも可愛いと言われる方も多くおり、思っているよりよく動くので飼育していて楽しいという声もよく聞きます。

今回はカメの仲間で水棲ガメの中のブランディングガメについて記載させていただきます。

ブランディングガメですがヌマガメ科ブランディングガメ属のカメでアメリカ合衆国北部からカナダにかけて生息しております。

大きさは15cm程度の物が多くいますが30cm近くになるものも稀にいるようです。

このブランディングガメは背甲がドーム型で盛り上がっており全体的には滑らかな甲羅で全体的に色は黒色であり、クリーム色若しくは黄色の斑紋で覆われております。

北米産のカメの仲間の中では最も寒冷地に適しており氷の下でも活動しているかめであり、寒さにはとても強いカメであります。

また、水への依存度がとても強いため水底に堆積物が多いところで水生植物が多くあるかんきょうをとても好むカメであります。

ブランディングガメは食性は雑食性ですが、肉食傾向がとても強い雑食性のカメであります。

ブランディングガメは生息数が少なくなってきているため入荷数も少なくなってきておりますが時折ペットショップや爬虫類専門店で入荷しております。

ブランディングガメは低温にはとても強いですが下記の高温にはとても弱いために飼育環境を整えるのが難しいです。

平均的な飼育温度は16℃から22度の間で飼育するのが望ましいです。

夏場の管理はエアコンが入っている部屋での飼育下、水槽用クーラーを稼働させて水温を冷やして飼育するかで夏場の飼育を乗り越えられます。

飼育スペースは単独飼育であれば90cm水槽で充分に飼育が可能です。

しかし、複数飼育になると他の種類のカメとは飼育環境が違うものが多いため難しいのが現実です。

同種同士での飼育でも相性が悪いと喧嘩してしまい、拒食や病気の原因となってしまいます。

皮膚病などにかからないように飼育水は適宜変えるようにこころがけて、大切に飼育していきましょう。


おすすめのカメ用品通販サイト
カメの臭い対策!お部屋が生臭い時にやる事!


関連記事

Top